「T's Spirit MUSEUM」 オープンします

こんばんは、


JUMPEIです!


海・プールの無い日は、スタッフみんなでドタバタと施設のメンテナンスや事務仕事など、、意外に海の日より忙しいっ


今日は午前中と午後で施設内の不用品を整理し、一気に処分っ☆

ついでに模様替えしました😄


違い~、わかるかなぁ~?

今度お店にいらした際にチェックしてみてね♪


さて、


実は先週、古くからのお客様から預かり物をしました。


全て、個人の所有です。


古いものは50年以上前のもの。まさにダイビングの歴史そのものです。


手に取る道具の一つ一つに、日本のダイビングシーンの黎明期を支えたダイバー達のロマンを感じます。 今のような仕組みができる前のダイビングシーンはきっと、今よりはるかにワイルドで、沢山の冒険が溢れていたことでしょう。


現代のような、「良いショップを選ぶ、良いインストラクターから学ぶ」・・そういった概念はなく、ダイビングは自己流で学んだり先輩から教わったり、自分の命は自分で守るが基本だった頃。


安全や、環境保護や、そういった意識より、


未知なるものへの挑戦。


常にチャレンジ、だから危険と隣り合わせ、


でも、だからこその大冒険があった頃。


僕はそんな時代は知りませんが、これらの器材達を僕に預けてくれた方は、よくそんな時代の話を聞かせてくれました。


冒険心とロマンに溢れ、ダイビングが今よりもっともっと「特別なもの」だった時代の話に、いつも聞き入ってしまいました。


その方が、ほろ酔い状態で、こんなことを行ったことがありました。


「ダイビングは、ダイビングショップがダメにした」


・・・


立場上、肯定はできませんでしたが、


そういった面も、あるのかもしれません。


屈強で冒険心に溢れる人々のみが挑戦を許されたダイビング、


時は流れ、


今では老若男女、様々な方が参加し、楽しめるレジャーになりました。


言い換えれば、そういった仕組みが確立された、、と言ったほうが良いでしょう。


多くの方が楽しめるレジャーとなったことは、とても素晴らしい事です。


ただその反面、古き良き時代の冒険は、


失われつつあるのかも、しれません☆


さて、


お預かりした沢山の道具たちを眺めながら、


ダイビングの歴史に触れ、語り合える場所を作り事にしました。


レクチャールームに、展示スペースを設営中です。


今週末には、完成するかと、思います!!!


現在作業進行中(^^)メタルエリアは完成しました!


今週中にはラバーエリアを完成させます。


写真を集めたメモリアルエリアは、、ちょっと先になるかなぁ~。


ダイビングの歴史博物館がオープンです。


博物館の名前は、


「T's Spirit MUSEUM」



ミュージアムの館長は、この道具たちを預けてくださった、あの方ですよ☆


管理人は、僕たちカレントブルースタッフ一同。


そして、共に冒険に出かけた仲間たち。。


このブログをご覧になっている方の中にも、


一緒に冒険に出かけた仲間たちがいることでしょう。


銭洲、藺灘波、三本岳、玄達瀬、


須美寿、鳥島、孀婦岩・・


伊豆や房総の海や、八丈島にも何度も行きましたね!



うん、


そのスピリット、受け継ぎましょう!


大丈夫!


時には、あなたにとって口うるさいインストラクターでもあり、


時には、共に冒険に出かける仲間であり、


時には、共にピンチをくぐり抜けた戦友でもある、


その僕がいるから、


心配は要りませんよ(*^^*)


もとより僕の得意分野はインストラクションやガイドではなく、アドベンチャーですから。



これからも永遠に、

探究心は尽きることなく


これからも永遠に、

冒険は続くのだぁ\(^o^)/



“Go Explorer”


ですよね、館長😄



皆様、お近くにいらした際は、


是非ミュージアムに、遊びにいらしてくださいね~(^^)



84回の閲覧

​★ツアー・コース・スケジュール★

67672369_1052759521597601_63343127298677
安全潜水7箇条 (1).jpg
無題.jpg

白井ダイビングセンター・カレントブルー

〒270-1432 千葉県白井市冨士22番地2

​047-441-6800

印西ダイビング/白井ダイビング/柏ダイビング/市川ダイビング

​その他各地域からご利用いただけます。

Copyright(c) 2009 CURRENT BLUE.

All rights reserved.