top of page

本栖湖2019年☆潜り初♪

3月入って、1日から毎日連続ダイブちう☆

明日も明後日もなので、10連チャン確定❤


お休みなしですが、潜れて幸せ\(^o^)/


さて、そんな中、先日一昨日の木曜日は、2019年初の本栖湖へ!!!


まもなく故郷へ帰るBバちゃんを連れ、


マンツーで行ってまいりましたっ☆


いや~、


やっぱしね、本当に本栖湖好きです。


淡水云々じゃなくて、とにかく、


ここは“地球そのもの”を全身で感じられる場所😆


ダイビングスタイルも、原始のママ、


ダイビングっていうより、サーフィンの雰囲気に近い。


まず、施設が無い。


ローカルなルールも無い。


車にシリンダーとメッシュとスーツ、


そしてポリタンに水いっぱい詰めて、ポンプ式のシャワーを持って、


湖畔にたどり着いたら、想いのままダイブ。


何時に潜ろうが、関係ない。


「ここ潜れそうじゃない?」と、崖を降りてエントリー、

そんな感じで開拓したポイントも多数。


エキジットしたら、ポリタンの水をかぶって、湖畔で休憩。


施設が無いから、インターバル中も、全身で大自然を感じられる❤


この日も、湖畔に到着したの午前6時過ぎ。


アルティチュードダイブのアドベンチャーダイブのためのブリーフィングを終えたら、午前7時前のはエントリーです。


ファーストダイブは水位計下の沈木ポイント


いつ沈んだのかもわからない巨木、


僕の知りうる限り、ずーっと前から、ここにある!

海では、ありえない風景。


木の根です。まさに「木の根が、、こんなところまで!」byムスカ大佐


巨岩。


864年の 貞観大噴火じょうがんだいふんか) で流れ出た溶岩。








水深30m付近まで流れ出た跡があります。


この時期は、浅場と深場の温度差が少なくなるので、夏場に比べれば深場へのアプローチに気持ち的な余裕がありますね(笑)

※夏は浅いところと深いところの温度差が10℃以上になることも!


溶岩の間には堆積した泥の広場が。




何年、何十年、何百年と、堆積したのでしょう、これも地球の記憶。


湧水ポイントは、過去最高に豊作でした!!!

大小様々なクレーターが、狭い範囲に密集っ