ファーストレイヤーとしてヒートテックがおすすめできない理由

「汗冷え」に注意すべし​!

日常生活においては、安価で購入ができ優れたベースレイヤーとして大活躍する人気のヒートテックですが、ダイビングでは避けたほうが無難かもしれません。ヒートテックをおすすめできない理由・・・それは、濡れたら乾きにくいことです。

 

ヒートテックを構成してい素材は以下のようになります。

34%レーヨン

33%ポリエステル

28%アクリル

5%ポリウレタン

​(2019年12月現在)

この中のレーヨンという素材は「肌触りが良く感じられる」といった利点があり日常使用にはとても快適なのですが、「吸水性・保水性が高い」という性質があり、汗をかくと短時間の間に「吸水率が飽和」してしまい、さらに「乾くのが遅い」という欠点があります。水分を吸ったままのヒートテックが水温・外気温の影響で汗冷えを起こし、体温の低下につながってしまうため、ダイビングには不向きと考えられます。

 

真冬のダイビングは意外なほどに汗をかきます。しかもドライスーツは完全に密閉された空間ためスーツ内で結露を起こします。これが初心者の方だとなおさらです。さらにヒートテック素材の特徴により、汗をかき肌が湿ることでどんどん体は温まってしまい、更に汗をかくという悪循環に陥ってしまいます。

​日常生活とダイビングシーンとで、ベースレイヤーを使い分けるのがコツですね!

白井ダイビングセンター・カレントブルー

〒270-1432 千葉県白井市冨士22番地2

​047-441-6800

印西ダイビング/白井ダイビング/柏ダイビング/市川ダイビング

​その他各地域からご利用いただけます。

Copyright(c) 2009 CURRENT BLUE.

All rights reserved.